FC2ブログ

エルダ・カウンセリングブログ

Entries

Category : カウンセリングについて


まず蓋のある箱を用意して、この中に猫を一匹入れる。


箱の中には猫の他に、放射性物質のラジウムと、ガイガーカウンターを1台、青酸ガスの発生装置を1台入れておく。もし箱の中にあるラジウムがアルファ粒子を出すと、これをガイガーカウンターが感知して、その先についた青酸ガスの発生装置が作動し、青酸ガスを吸った猫は死ぬ。


しかし、ラジウムからアルファ粒子が出なければ、青酸ガスの発生装置は作動せず、猫は生き残る。1時間経過後、果たして猫は生きているか死んでいるか。


このときラジウムからアルファ粒子が出る確率は50%とする。


この箱の蓋を閉めてから1時間後に蓋を開けて観測したとき、猫が生きている確率は50%、死んでいる確率も50%である。したがって、この猫は、、、



生きている状態と死んでいる状態が1:1で重なりあっていると解釈しなければならない





という解釈があるそうです




は(;・∀・)?



って、感じですよね



図で表すと、、、


猫

こんな感じだそうです。。。



いやいや、それ無理あるやろ(;´Д`)!




これは物理学者のエルヴィン・シュレーディンガーが提唱した量子論に関する思考実験の名称です


量子力学というのは原子よりも細かい粒子や素粒子といったより微細な細かい世界の粒子の動きを説明する為に作られた理論です


私たちの世界をうんと細かく、細かく、細かく分けて、、、



粒子の世界にまで到達すると、その粒子の動きは予測不可能な物で、確率論的にしか記述できない世界があるそうです


そのうんと細かい粒子の世界の研究者たちは、その粒子の動きを観測するのに


観測結果に観測者の観察が影響を与えている



と、考えたそうです


量子力学の解釈において粒子は、様々な状態が「重なりあった状態」で存在しうる。

この「重なりあった状態」は、観測機器によって粒子を観測者が観測することで、いずれかの状態に収束すると考えます。

例えば、原子のスピンは、上向きの状態と下向きの状態が重なりあった状態で存在しうる。ところが、人間が観測機器によって粒子を観測すると、スピンは上向きか下向きのいずれかの状態に収束する。



こんな事が現実にありえるんでしょうか。なんだか魔法の世界のようなお話です、、、



しかし私は物理学に関してはもちろんド素人で、たまに科学の本を読む程度ですが、これを人間の選択と時間経過の話に移し込んで解釈したら、何となく理解できました(理解した気になった)


私たち人間は、時間軸の中に生きていて、


過去



現在



未来



という時間の流れの中で生きています。



実際は、いま、ここに、瞬間存在しているだけで




過去や未来という実態がある訳ではありません


ただ人間には記憶という心の働きがあり、まるで今、体験するかのように過去の事を思い出したりもできます



そして、まだ体験していない未来については


行動を起こす前に想像をすることができます


この想像された未来は、それこそシュレディンガーの猫のように、死んだ猫と生きた猫が折り重なって存在しているような状態ではないでしょうか



シュレディンガーの猫では1時間後に観測者が箱を開けて観測するまでは猫は、死んだ猫と生きた猫が折り重なった状態で存在します



現実の私たちの世界の時間軸に当てはめると



1時間後の自分は、様々な状態の自分が折り重なって存在していて、自分がある行動を選択して、その行動を行なった瞬間に、未来が確定される


行動を起こす瞬間までは、未来の自分は確定されないで無限の自分が存在していると解釈できるのではないでしょうか



シュレディンガーの猫と私たち人間の選択には決定的に違う所があります


猫の過程のお話では、猫の運命に猫は主体的に関わることはできません。それこそ50%の運任せです



ですが、現実の私たちの選択は、無限の可能性がそれこそ無限の確率で用意されていて、その確率を上げるも、下げるも私たちの意思にまかされています



だから人間の選択と意思の力は何よりも尊いと思います


もし神様がいるなら、神様は



好きな目を置いていいよ。あなたが選びなさい


といってサイコロを私たちに手渡してくれているような感じもします





だからこれほど大事な選択の力を使わないでおくのはもったいない


選択は他人任せや成り行き任せではいけない、



あなたに何かをやりたい意思があるなら



それを使うべきべきだ



本当に心から望む事を、自分の意志で選択して行動するのが大事、ですよね(´∀`)






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



日本の精神科医療において、薬物療法は中心的な地位を占めています


適正な種類、適正な用法、用量を厳守した上で、
考え方の癖や行動パターンをより適応的なものに修正する認知療法やカウンセリングも併用することで、
より効果が高まることが報告されています


しかし全ての治療がこのように行なわれているとは限らず、中には、、、



5分診療!




多剤大量処方!



で患者さんを薬物依存の状態に陥らせる悪質な精神科医療が数多く存在する事も事実です



だから現在、精神科医療に係っている患者さんは常に自分で自分の状態をチェックして、

何年も治療を続けているのにも関わらず、改善が見られず悪化するようであればセカンドオピニオン(複数の医療資源から情報を得る)を考えなければいけないと思います



今回、多剤大量処方で薬物依存の状態に陥り、そこから減薬して社会復帰を果たされたakkoinkoloveさんの作成した動画を紹介させて頂きます


現在、薬物療法を受けている方に多いに参考になることがあるかと思います


動画の紹介の前に、、、


薬物療法は適正な薬物を適正な用法、用量を守って、経験のある医師のもとで用いれば非常に大きな助けになるもの
患者さんが自分の意志で勝手に断薬、減薬を行なう事は離脱症状(禁断症状)が出て大変危険であるので、必ず専門医と相談の上で検討されるべきものである


という2点をご理解した上で動画をご覧になってください


多剤大量

うつ 薬 多剤大量処方 わたしの場合



うつ 薬 自殺企図 わたしの経験


うつ 薬 多剤大量処方 わたしの場合 減薬と社会復帰


うつ 薬 わたしの減薬体験 薬とさよならしたい人たちへ



「抗精神病薬の処方についての国際比較研究」では抗精神病薬の一日投与量の平均値で比較しています

これによると中国が402.7mg、台湾が472.1mg、韓国が763.4mg、日本は実に1003.8mgと飛びぬけて大量療法になっています

このような現状を日本において告発した医師がいて、この問題は国会でも取り上げられました


2012年3月には厚生労働省は自立支援医療費支給認定実施要綱の第4項を改正して、地方自治体は自立支援医療行政に関し、以下の管理が求められるようになりました



支給認定時に診断書を確認し、同一種類の向精神薬が3種類以上処方されているか確認する

その際に、3種類以上処方されている場合は、指定自立支援医療機関から理由を求める

支給認定時の確認にて該当した者は、その後の支給期間中も診療録等で治療状況を把握する


です



現在はうつ病に対する処方が中止になった薬物にリタリンがあります



このリタリン依存の状態に陥った患者さんがネットの掲示板などで、簡単にリタリンを処方してくれるクリニックの情報を交換し合うということがありました

私が東京で院生をしていた頃、就職活動でとある精神科クリニックに就職しようとしましたが、現場を訪問して、虚ろな目をした患者さんが狭苦しい雑居ビルの中にぎゅうぎゅう詰めになっており、5分診療でローテーションされている現場を見て、直感でそこへのエントリーを止めたことがあります

そのクリニックは後に、リタリンを過剰に処方したという事で保健所の立入検査を受け、その後、様々な問題が明るみに出て結局、廃院となりました


最後にまた繰り返しますが、

本来、薬物療法は適正な薬物を適正な用法、用量を守って、経験のある医師のもとで用いれば非常に大きな助けになるもので、
患者さんが自分の意志で勝手に断薬、減薬を行なう事は離脱症状(禁断症状)が出て大変危険であるので、必ず専門医と相談の上で検討されること


をもう一度書いておきたいと思います



そしてこの実に詳しくて分かりやすい動画を作ってくださったakkoinkoloveさんにも感謝の気持ちを表したいと思います


女性として花盛りの時代である30代を棒に振ってしまった悔しさは何度悔やんでも悔やみきれないかもしれません

ですが、実に丁寧で分かりやすく説明されたこの動画の内容やその温かさに救われる患者さんはきっと数多くいる事だと思います(*´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村




IMG_0651_convert_20120924205051.jpg


先日、クローズアップ現代で、



お迎え現象



が取り上げられていました。



お迎えというのは、死が間近な人の枕元に、


もうすでに亡くなったはずのご両親や、


親しくしていた親族や友人


の霊が枕元に迎えに来てくれるという現象のことです



中には、可愛がっていたペットが現れたなんていう報告もあるそうです


これまではこういった現象は、死が間近な人が見る一種の幻覚として理解されてきました



今回、在宅医療の専門医と東北大の社会学者たちが、文科省の助成を受けて高齢者や遺族500人あまりを調査しました


その結果、自宅で看取られた人の4割が“お迎え”を体験し、そのうちの8割が死への恐れや不安が和らぎ、穏やかに看取られていったことが分かったそうです

興味がある方は、アーカイブをご覧下さい

クローズアップ現代〜天国からのお迎え


ここでは死後の世界が在るか、無いか、


霊が存在するか、しないか、


という議論は置いておきます




お迎え現象が実は日本人だけの現象ではなく、世界中で普遍的な体験である報告について
触れたいと思います


死が間近な人の体験を研究した臨死体験研究の第一人者レイモンド・ムーディ博士の



「死者との再会」

リユニオンズ―死者との再会リユニオンズ―死者との再会
(1994/11)
レイモンド ムーディ、ポール ペリー 他

商品詳細を見る




によると、欧米文化圏でも亡くなった人の


霊(幻像、幻のような像)


を見た、会ったという報告があり、それは日本のお迎え現象の報告のように、





その本人に会った!




という強い実感をともなうものだそうです



そして、そういった体験をした人の殆どに死への恐怖や不安が薄らいだことも報告されています




死後の世界や霊といった話がお金儲けのためのスピリチュアルと結びつく話は

枚挙にいとまがありません


あなたの先祖の霊がまだ充分に供養されていないから、今の困難な状況がある

→お祓いに◯◯万円かかります


とか,



だからこそ医療従事者や精神医療従事者は、そういったスピリチュアルには過度にのめり込まない冷静さが常に必要だと思います



しかし



そのことが常に、

霊や死後の世界は非科学的なものである

という考え方に結びつくものではありません



これだけ多くの事例が、亡くなった人間が何らかの形で存在していて、また会える可能性がある。

それが脳内の幻覚であろうとも、その体験がその人の心の在り方を多きく変えて安らぎをもたらしている
という事実には常に真摯であるべきかなと思います



お迎え現象を体験したおじいちゃんの一言が、この現象の奥深さと、そして温かさを表していると思います




「親と会ったんだなという感触だけなんだな。
お互いに離れ離れみたいになって会うんだから、うれしいような気がするんだな。」




きっとこの世界は私たちのちっぽけな知識を超えて広く奥深いものだと信じられます(*´∀`)







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村




最近、戦略的思考というのをよく考えています

人の悩みはいろいろなものと結びついて発生します


今の自分の心理状態(人生の目的、希望、願望、大切にしている価値観)

や現実の状況(人間関係、仕事のあり方、経済状況、家族、親子関係)


などをしっかり見据えて、どこに悩みの根本原因があるか考える事は大切な事です


意外と「普段から漠然とイライラしているけれどイライラの正体が分からない」


ということもあるし



「イライラの原因は分かっているのに、その解決策についてとことん考える事を後回しにして日々の生活を惰性で送っている」という場合もあります





①目的をはっきりさせる




そして




②その目的に到達する道筋をつける





この2点をはっきりさせるだけで、悩みの半分が解消されるという場合もあります





人は希望を失ってしまった時には歩くことはできません





ナチス・ドイツの強制収容所という、いつ命を奪われるか分からない過酷な環境の中で生きてきたユダヤ人の精神科医フランクル博士が記した「夜と霧」という書籍には、


過酷な環境の中でも希望を持って生きている者が命を繋いだ事例が書いてあります



しかし同時に希望を失った者が、命まで失った事例も紹介されています


収容された人たちは、いつ解放されるかもいつ毒ガス室に送られるかも全く分からない状況の中で、例えばクリスマスには解放されるだろうという噂が心の拠り所になり、頑張っていたがクリスマスが終わっても解放されることが無いという事が分かると多くの人が希望を失って、亡くなっていったそうです


人間は希望を無くした時が心の死ぬ時なのだと思います



「クリスマスには解放される」



というかりそめの希望にすがっても、いつかは現実に直面する時がきます





だから私は戦略的思考が大切だと思います


自分の望みを実現したり、現状の困難を打破する為の現実的な戦略を考えることが大切です





その為には



まず今の悩み、そして目的を紙に書き出して、それを客観的な視点で徹底的に考える事をお勧めします


紙に書き出して、いくつかのキーワードも全て紙に書き出す



決してキレイに並列で書き出さなくてもよいので、右脳的に全てのキーワードを意識化させます


そしてそこから



「目的を実現する為にはどうしたらよいか?」



「それを阻む困難を打破する為にはどういう方策があるか?」



こういったテーマにそって考えを深める、



そしてネットやその他の媒体も使って徹底的に情報を集める



情報を集めるというのはとても重要で大切な事です




解決の為の情報が無いからこそ困難に落ちいってる場合もあるからです





さきほど紹介したフランクル博士は強制収容所から解放されてロゴ・セラピーという実存主義的療法を創始しています



その根本的な原理は


人間はどんな過酷な条件、状況の中でも自らの意志で態度を決める自由を持っている




ということが説かれています



フランクル博士が体験した過酷な状況に比べれば、私たち現代人はどんなに苦しくてもまだ恵まれているかと思います

ですが人の悩みは決して客観的に割り切れないものです


戦略的思考というのは、悩みや困難で苦しんでいる人たちの力になるツールだと思います


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村









良質の睡眠を取る事は誰に取っても大事な事ですが、



うつ病の状態に陥ってる方の場合は特に大事になります



うつ病の重要な症状の一つに不眠の症状があります

悩み事や困り事があり、それが四六時中、心にストレスをかけるせいで眠れなくなり、ついには心身のバランスを崩す場合もあれば、


脳内のセロトニン等の神経伝達物質の不足やアンバランスで不眠状態に陥り、その不眠が続くせいで普段なら陥らないようなうつ気分に陥ってしまう場合もあります



とにかく眠れないというのは、脳をPCに例えるなら四六時中、電源付けっぱなしで作業をしているようなもので、PCなら故障しますが、人間ならまともな思考能力を失ったり、ひどい場合は幻覚を見たりもします



とにかくぐっすり眠るという事はあらゆる精神病の治療の第一歩と言っていいでしょう




少量の睡眠導入剤をうまく使って良質の睡眠を確保するのも一つの手ですが、どうせなら薬に頼らないでぐっすり眠れるに越した事は無いです




最近は、睡眠をもっと楽しくする為のアプリも多く出ています


その為のiphoneアプリ「ぐっすり〜ニャ」を試してみました


このアプリはiphoneの加速度センサーを利用して睡眠時の身体の動き等から、利用者のレム睡眠ノンレム睡眠を一目で分かるようにグラフ化してくれます


使い方はアプリを起動して枕元に置いておくだけです
001-1.jpg
猫のキャラクター「フミンチ」がかわいい(*´∀`)


pr-iphone-app-review-gussuri-nya02.jpg

様々な睡眠のモデルケースも紹介されていて分かりやすい


ちなみに週末に徹夜でパソコン作業をし、3時間しか眠れなかったエルダの睡眠記録.....

120819_203546.jpg

レム睡眠とノンレム睡眠がバラバラに......(;´Д`)


このアプリを利用して普段の寝ている時の自分について



「観察」



することで、さらに睡眠に対する意識が高まり、徐々に良く眠る技術が付くのではと期待しています(*´∀`)







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

プロフィール

エルダ

Author:エルダ
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

フリーエリア

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © エルダ