FC2ブログ

エルダ・カウンセリングブログ

Entries

Date : 2010年02月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
umi0002.jpg



時間というのはどこにいても同じように流れているはずだのに、その生活の仕方、ライフスタイルによって主観的に感じる時間感覚には大分違いがあるように感じられます

俗にいう「楽しい時間はあっという間に過ぎる」や「辛い時間は永遠に感じる」


とか


「20歳を越えると1年があっという間に過ぎる」なんてのもよく聞きます


都会であわただしく過ごしている時間と田舎でのんびり暮らしている時間感覚にも違いはあるでしょう


どちらが正しいとか間違っているとかは無いと思います


自分が時間をしっかりコントロールできているとう感覚があるかが大事だと思います


人はめんどくさいことを先送りにしがちで「やらなければいけないこと」を後に後に回しがちになりますが、
そういうことを繰り返していると「時間に追われている」という状態になってしまいます


ちょっとしたテクニックですが私がよく使っている技に時計の針を2時間早めるというものがあります


実際に時計の針を動かすと後々調整し直すのが大変なので、頭の中で実際の時間が夜の8時だとしたら、それを夜の10時と思い込むことにします



明日の仕事の準備などやらなければいけない事を0時までに終わらせて、さあ寝るかという時間になった時に頭の中の想像の時計の針を戻すとまだ夜の10時ということで、残りの時間を趣味に当てたり、好きな事に時間を割く事ができます


自分的には「時間を貯金した」みたいな気分になります



こんな感じで時間に追われるのではなく、時間が後からゆっくりたっぷりやってくるという状態にもっていけるように心がけてます


ですが、、、、、、たまに深酒などして次の日に二日酔いで、やらなければいけない事が何も進んでない、、、、、なんてことになると、、、、、


せっかく貯金したのに無駄遣いしたわ~ってへこみます~。。。(;´Д`)笑






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
640px-Yi_peng_sky_lantern_festival_San_Sai_Thailand.jpg

タイのチェンマイで毎年行なわれているイーペン祭りで、タイの人たちはコムローイと呼ばれる熱気球(スカイランタン)にあらゆる厄を乗せて天に返して浄化を願うんだそうです

02komloi.jpg

ちなみにこのコムローイ、三国時代に諸葛孔明が発明した物で孔明灯とも呼ばれるそうです。当初は通信手段として利用していたそうですが、後に祈祷儀式の用具として使われるようになったとか。。

何かを伝えたいと考えて、考えて、考えていくうちに、こんな素敵な物が発明されたんですね。。

携帯電話やインターネットの発達で簡単にいろいろな情報を発信、受信できる世の中だからこそ「人に伝える」とか「人の気持ちを受け取る」ということに丁寧に気を配る必要があるのかと考えています。。


yipengskylanternfestival_01.jpg

素敵な情景ですねえ(*´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

P1010297.jpg


昔、友人と雑談をしていてなぜだかとても印象に残っている言葉があります


その友人は高校を卒業したらすぐに働き始めて喫茶店の経営やら何やらに精を出していたのですが、いつも忙しそうな感じでした


その友人と久々に飲んで話をしている時にその友人は


「おれ暇な時間が無いようにいつも何かスケジュールで埋めているんだ」


と言っていました。


暇な時間にぽつんと部屋にいるとものスゴイ不安な気分に襲われ、目標に向かってばりばり活動している時はそういった不安を忘れていられるそうです


人は誰でもその人の「目標」や「物語」を持って生きています

しかしその目標とか物語が途中で頓挫したり破綻を来した時に人はものスゴイ不安に襲われます


またそういった危機に直面しなくても自分の目標が達成できなかったり物語の崩壊を予感して不安になることもあります


私の友人は「自分の店」を持つという目標、物語を持って生きていたのですが、常に心のどこかでこの目標が達成できるかという不安を抱えていたので、家でじっとしていると尚更その不安が大きくなってたようでした

この「すきま時間」にじっと部屋のベッドでひたすら不安に耐えるというのはとても辛い事だと思われます


私の友人は心理学の知識はありませんが、自分で自分のメンタルが不安な状態に陥らないように常にメンタルが強く保たれる状態に置く術を知っていたようです



もしすきま時間に不安や恐怖に襲われることが多々あるなら、その時にはこういった活動をしておこうと予め決めておいたほうが良いかもしれません


皆さんだったらすきま時間どういうふううに埋めるんですかねえ(*´∀`)



ちなみに自分の周りをリサーチした限りでは以下のようなものがありました

・ひたすら寝る
・コアリズム
・SNS
・ネット
・テレビ
・明日の仕事の仕込み(←すきま時間の意味が........
・DVD
・ドライブ
・読書
・人生計画を練る
・ひたすら営業(←これもすきま時間になってない......(´Д`;)
・ネイル、エステ
・買い物
・お気に入りのカフェで過ごす
・英会話を無料サイトで勉強する
・趣味のグラフィックデザインで作品を作る



不安に襲われるすきま時間を人生を有意義なものにする「自分磨き時間」に変えれたら良いですね♪




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

20100212-00000164-yom-sci-view-000.jpg



先日のニュースで気になったのですが、、、



宇宙の23%を占めながら、従来の手法では観測できない謎の「暗黒物質」(ダークマター)を検出する装置が、東京大学の神岡宇宙素粒子研究施設(岐阜県飛騨市)にほぼ完成したそうです


物理はさっぱりの私ですがそういった関係の話には大変興味をそそられます



子どもの頃は宇宙の果てには何があるのか気になって仕方がない時がありました




大人になってもそんなことが気になって気になって仕方がないっていう人が作ったのが今回の暗黒物質探索装置という訳です(;´∀`)




暗黒物質というのは宇宙にある星間物質のうち自力で光っていないか光を反射しないために光学的には観測できない、とされる仮説的物質のことらしいです


「ダークマター」とも呼ばれ、"人間が知る物質とはほとんど反応しない"などともされており、そもそも本当に存在するのか、もし存在するとしたらどのような正体なのか、何で出来ているか、未だに確認されておらず、あくまで仮説上の物質らしいです


そのあるのかないのかわからない、まるで海賊王の宝のような、伝説の古代文明のような、謎のUFOやUMAみたいな物を発見する為に、日本のトップクラスの頭脳たちが大真面目で作り上げたのが、今回の装置、、、、




XMASS検出器(ミラーボール)」です



表面にぎっしり並ぶ赤銅色の金属板の奥に、極めて微弱な光をとらえる642個のセンサーがあり、暗黒物質が放つ微かな光を捉えるのをひたすら待つのだそうです



すげ~(;゚д゚)( ゚д゚)ポカーン


本気でスゴいなと思いました


こんな夢みたいな物を本気で追い求めている人がいるんですね


人類の知識を根底から揺さぶるような発見がある事を願っています(´∀`)



実際に私達の頭上に広がっている宇宙に思いを馳せて、そこからの視点で自分を眺めるなら大抵の悩みが取るに足らないものになる事もしばしばあります



何か辛い現実から逃避をする為に宇宙とかに思いを馳せるという事ではなく、自分の視点を高い位置から考え直すっていう意味で「宇宙」というキーワードは人の心にとって大切だなと思います


宇宙の事を考える時間をたまに持つだけで人は心に潤いを取り戻せる時もあると思います


たまにはディスコ(クラブじゃなくディスコ笑)でSOUL MUSICでも聞きながらスペース・トリップでもしましょうか(*´∀`)let's dancing☆



424x600-2006102500026.jpg









にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村




沖縄科学技術大学院大学の銅谷賢治博士がロボットを使ったユニークな方法で脳の学習の仕組みを研究しているそうです


脳の学習の仕組みの一つに強化学習というものがあります


これは例えば、おいしいレストランにはまた食べに行くし、逆にまずいレストランには食べに行かなくなるというように、私達は自分の行動の結果得られた満足度でどう行動するのが最適かということを学習していきます。

このような脳の学習の仕組みを強化学習と呼びます

銅谷博士はビデオカメラと赤外線センサーを搭載したネズミ型ロボットに強化学習のプログラムを組み込んでロボットの学習法を観察しました

all000s.jpg



ロボットたちは自ら動き回り、えさ(電池パック)を食べ(充電)ます。これは正の報酬です

また壁に当たったりするのは負の報酬となります

surviving000s.jpg



そしてロボットたちは赤外線でコミュニケーションを取り自らのプログラムを進化させていきます


ある時、電池パックが遠くに見えていてもじっとして動かない、人のうつにも似た行動を取るロボットが現れました

銅谷博士がそのロボットのプログラムを調べてみると将来得られる報酬を極端に低く評価するようになっていたそうです。

遠くにあって、移動が大変な電池パックは取りに行かないという訳です

銅谷博士はこの研究から、人がうつ状態に陥った時に脳内のセロトニンが減少すると、将来の報酬より目先の報酬を選びやすくなるという仮説を立てて、検証実験を行なったところ仮説を裏付けるデータが得られたそうです


人間はロボットではないので人がうつに陥るというのも様々な深い理由が絡み合って引き起こされます。

単純にこの実験結果を人に当てはめてはいけないと思いますが、このユニークな研究をもとに自分をセルフチェックして、自分の行動が目先の利益追求に偏ってないか?

長期的展望が描けているかといったことを改めて見直してみるのも良いですよね(*´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

PC130140.jpg

若い頃は多少の無理が効いても年齢を重ねると睡眠不足による疲労は蓄積されるようです

精神的な問題とは別に深いうつ状態に陥った方の中には慢性的な睡眠不足にさらされている方も多いようです

何日も寝ないで活動している人の中に幻覚をみたり、幻聴が聞こえたりといった報告もあります(;´Д`)



脳は睡眠をしっかり取ることで疲労をリセットしたり、覚醒時の体験を夢という形で再体験して、自分の経験として定着させていくといいます

今一度改めて睡眠の大切さを認識して睡眠術を意識してみてはいかがでしょうか?


・いつもより1~2時間早く床につく。眠る2時間前に目に光を入れないようにしておくとメラトニンという睡眠を促すホルモンが分泌されるようです
・覚醒時には集中的に作業をこなし身体を疲労させておく、これをやっておくからぐっすり眠れる!良い睡眠を得る為に覚醒時にばりばりと活動しておく。
・明日の準備はしっかりとやっておく
・歯磨き、コンタクトレンズを外す、着心地の良い服を着て眠るなどの条件を整える。


自分に取ってぐっすり眠れた時の条件を記録しておくのも大切なようです


ちょっと意識するだけで良質の睡眠を得る事ができて、疲労回復するからまた頑張ろうという意欲がでてきます


うちのぬこ達は一日の大半を寝て過ごしているんですが大丈夫なんでしょうか(;´∀`)?


「脳力」をのばす!快適睡眠術 (PHP新書)「脳力」をのばす!快適睡眠術 (PHP新書)
(2006/05)
吉田 たかよし

商品詳細を見る


医師の吉田たかよし先生の睡眠術に関する著書です



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


e66881d7.jpg

太陽礼拝

ヨガの基本の動きにスーリアナマスカーラ、英語でサンサルテーション、日本語で太陽礼拝と呼ばれている基本の動作があります

流派に寄って若干アサナ(ポーズ)の違いは見られますが基本的な動きは上図のようになります


この動きは呼吸と動きをシンクロさせるのがコツになっています



後屈系の動きの時は身体を反って息を吸い
前屈系の動きの時は身体を前に倒し息を吐きます





一見、簡単そうに見える動きですが実は高度なアサナの組み合わせでできていて、正しい形と動きをマスターするのには意外と時間がかかります

よくあるのは身体の痛みをこらえてむりやりポーズを取ろうとしているケースで、ハムストリング(ももの裏)や腰を痛める場合がよくあります


まずは太陽礼拝を構成するアサナの一つ一つにしっかり取り組んで、全部の要素が奇麗に楽にできるようになってから、アサナのフロー(連続ポーズ)をやるのが一番の上達の近道だと思います


ヨガが上達してくると柔軟性が増すだけではなく、自分の身体をリラックスさせる事もうまくなってくるので、自分で自分の緊張を緩和させたりする事ができるようになります

全身の血液の循環が良くなり、神経の活動も安定していきますのでメンタルヘルスという観点からも大きな効能があります

動画は台湾でアシュタンガヨガの教師をされているRussell Case先生の太陽礼拝です

お手本のような素晴らしいフローです(*´∀`)

自分のヨガ写真もいいのが撮れたら載せていきますね(いつになるやら(;´∀`)

次回は個々のポーズの練習法を紹介したいと思います♪






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


20071210_293954.gif


ドラえもんに出てくるスネ夫の名セリフの中に


のび太のくせに生意気だぞ!

というものがあります


このセリフの中には臨床心理学的に考察すべき事が実に多く含まれています←ホントです( ´_ゝ`)


ドラえもんの世界の中ではのび太というのは「自分の意見を主張してはいけない弱い存在」ということが暗黙の了解で、これはおもにジャイアンやスネ夫といったまわりの友人からの圧力により形成された役割(ロール)とでも呼べるものです。

そしてこのロールに合致しない行動を取ると「のび太のくせに生意気だぞ!」となるのです

この環境からの圧力というのがある人の自己像(自分の性格、自分に関する思い込み、自分らしさといったもの)全般に非常に大きな影響を及ぼすのです

この影響の一番原初的なものはもちろん親からの影響です

親(もしくは養育者)との関係の中で人の性格の大きな部分が形成されていきます

もちろん性格には遺伝的要因、生物学的な要因、親を中心とした環境要因が複雑に絡まって形成されていて、環境からの要因だけで決定されている訳ではないと考えられますが、親の養育といった環境要因が大きな部分を占めるのは間違いないでしょう


そして児童期(幼稚園から小学校)あたりの人間関係も非常に大きな影響を与えています

のび太はこの多感な時期に「自己主張をしてはいけない弱い存在」というレッテルを貼られます

いわゆる「いじめらっれ子」というロールですが、このロールが本当に人に影響を与えるのは本人とロールが自己一致してしまう時だと考えられます


たとえいじめらっれ子でも心の中で「今に見ていろ」と思えている間はまだ良いのですが、自分で自分を「自己主張してはいけない弱い存在なんだ」と思い込む時に役割と自分を同一視して、そこからの回復が難しくなるのです

ドラえもんが現れる前はのび太は「いじめらっれ子」というロールに深く同一視していて、自尊心も低下しており、自分に自信が無く、何に対してもすぐに逃げと諦めという手段を取る弱い少年でした。。。


そののび太が「弱い自分」という自己像の殻を破る事ができたのは、もちろんドラえもんとの関係に寄るものです


何でも「ドラえも~ん助けて~」と泣きを入れるのび太君を優しく見守り、四次元ポケットからの道具で助け、徐々に「やればできる!」という新しい自己像をのび太君の心の中に形成する事を助けたのです


そしてドラえもんが未来に帰る回ではドラえもんを安心させる為に、勇気を振り絞ってジャイアンに喧嘩を挑むまでに成長を遂げます


私達が「私達らしい」と考える自分らしさというものも、幼児期からの様々な影響のもとに形成されてきたものです

それがどのようなものであったとしても、その性格というのは尊重されるべきものだと思われます

しかしもしある人がその「自分らしさ」という枠の中で自分の可能性を発揮できずに苦しんでいるのであれば、ぜひその自分らしさというものを今一度考え直してみてほしいと思います


今まで多くの事を「これは私には合わない」といって切り捨てている可能性があるからです


臨床心理学ではロールプレイという手法を用いて、今まで自分が経験した事が無い役割を疑似体験して、新しい自分の心の一面を発見する技法があります


今までの自分とは違う役割をまずは心の中で想像して、俳優になったつもりで演じてみましょう

もしかしたら新しい自分の可能性に気付くことができるかもしれませんよ(*´∀`)





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


news_large_genki_rockets_1112.jpg

star surfer


元気ロケッツのstar surferがお気に入りです(*´∀`)

邦楽のhouse musicもいい感じですよね~♪

宇宙がモチーフのhouseとか大好きなんですよ☆
鳩山首相じゃありませんが


地球ができて46億年とかつぶやいてみましょうか(*´∀`)笑






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村





プロフィール

エルダ

Author:エルダ
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

フリーエリア

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © エルダ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。