FC2ブログ

エルダ・カウンセリングブログ

Entries

Date : 2010年06月

今さらですがtwitter始めました(*´∀`)


もしこのブログを読んでくださっている方でtwitterやってらっしゃる方がいたら、ご遠慮なくフォローしてください。一言コメントでもくださればフォロー返しいたします(気付くの遅れたら申し訳ないです)


一応、カウンセリングの事やヨガの事、その他もろもろの事などつぶやいていこうかと考え中ですが、あいだみつおさん的な感じになってしまったらご容赦くださいまし(;´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



1日に1~2回ヨガ・ストレッチをしています


通常のルーティンワークに加えて普段は伸ばさないような部位の筋肉も伸ばすように心がけています


身体に良い変化をもたらす事で心にも良い影響があると考えています



体幹は普段の生活で運動性が低い部位で固まりやすいので、


背伸び
ひねり
前屈
後屈
側屈
などの動きを取り入れて固まらないようにほぐしてあげています


ストレッチで充分カラダをほぐしてから腹式呼吸、逆腹式呼吸でしっかりプラナ(気)を体中にめぐらせるイメージングを行なって眠りにつきます

こういうことをもう何年も続けていて、身体が変化してくるとこれらの作業が単なるルーティンワークから気持ちいい事に変化してきます

ホントに身体が気持ちいいんです♪


1日1時間は確実に調和のとれた時間を持てることに感謝ですね(*´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

20080907181009.jpg

この魔法陣のような円陣。

スイスにある欧州合同素粒子原子核研究機構(European Organisation for Nuclear Research、CERN)が昨年稼働させた巨大粒子加速器「大型ハドロン衝突型 加速器(LHC)」です


LHCは素粒子の研究史上最大の粒子加速器で、これにより宇宙の起源が解明される可能性がある。


........ほど何やらトンでもスゴいものらしいです


専門家らは、この実験で「神の素粒子」とも呼ばれるヒッグス粒子の存在が確認されることを期待しているそうです


LHCでは、反対向きに移動する複数の水素原子ビームが強力な超電導磁石に誘導され、光速に近いスピードで正面衝突する。衝突すると、ビームは太陽以上の高熱となり消滅する。

そしてそこから何やら分けの分からない素粒子が飛び出してきてそれを解析する事ができたら宇宙の起源の謎に迫る事ができる............らしいです


私の脳みそでは到底理解不能な出来事ですが、私こんな話大好きなんです


何かAKIRAのような世界観ですよね~
7cdc035e.jpg
まるで曼荼羅絵巻のような...........


この実験で超新星爆発なんて起きちゃったりして、、、とか思っていたら同じような事考えてた人が他にもいっぱいいたみたいでCERENは

極小ブラックホールができて地球を呑み込んだらどうするんだ!

って、どこかから真面目に抗議を受けていたそうです


この可能性って全く0では無かったみたいですね。

陳腐な表現ですが、科学者って現代の魔法使い.........みたなものですね


さて、そんな現代の魔法使いたる科学者たちが自分の実験をラップで広報したりしてるビデオがとにかく超COOLなのでご覧下さい
Large Hadron Rap



ちなみに実実験結果の分析には2年ほどかかるらしいのでいったいどんな実験結果が発表されるのかまだわかりませんが、


宇宙の成り立ちを理解するのに役立つ結果が得られたら素晴らしいですね(*´∀`)









にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

最近、仕事が立て込んで時間に追われるような感じになっていました


そうなると疲労もどんどん溜まるようで、計画だけは一丁前に決まっているのに、やるべき事はどんどん後回しになっていました

そこで、以前紹介した茂木健一郎の著書「脳を活かす仕事術」で紹介されていたタイム・プレッシャー法で一気に溜まっていた「やるべき事(TO DO LIST)」を消化することにしました

タイムプレッシャー法というのは自分がやるべき事に制限時間を設けて脳を刺激するやり方です


茂木さんによると脳というのは時間に制限を架けられる方が活性化するようです


ちなみにひとつの目安で「1時間セットアップ法」でやるべき事を1時間以内に終わらすというやり方でやると、今までダラダラしていて後回しにしていた仕事も30分ほどでめどをつける事ができ、空いた時間でヨガまでする事ができました


これは大脳皮質のワーキングメモリーという仕事の遂行に関わる部分が「長いタイムスパンで目標に取り組むよりも、少し先のスケジュールを処理する」のに適しているからのようです


来週までに仕上げればいい仕事が今週中に終わらず来週ぎりぎりになりがち」なのもここら辺に理由がありそうです

自分の脳にタイムプレッシャーをかけて活性化させていこうと考えています(*´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
0.jpg

起き上がれない

生後1ヶ月のフレンチブルドッグのチャイ君が自力で起き上がれない動画です



かわゆすぎる~:*:・(*´∀`*)・:*:・


ちなみにきょうだいは「よもぎ」と言うそうです
0-1.jpg



ホントかわいすぎですねっ(*´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
2009年12月26日の記事で紹介した「自律訓練法」全6公式暗示の中から、最も大切な「重感」と「温感」を感じる為の公式暗示をエルダ流にアレンジして紹介してあります。

12月26日「自律訓練法」

自律訓練法はシュルツが催眠の被験者が感じる特徴的な身体感覚を取り出して、それをより感じやすいように暗示として公式化したものです

ただこれだけではリラックス効果があるだけですが、自律訓練法で軽い催眠状態を作って、そこで目標となる暗示を繰り返し行なう事で催眠の手続きが完了します


催眠状態というのは「身体がリラックスして意識もまどろみに近い状態にあるのに、あるひとつの対象(ここでは暗示の言葉)に意識がはっきりと向いている状態」と考えて頂きたいと思います


この状態にある時に催眠の暗示の言葉を繰り返し繰り返し語りかけ、意識に浸透させていきます


自律訓練法の重感暗示と温感暗示によってゆ~ったりとした気持ちのいいリラックス状態を感じられるようになったら、今度は深い深呼吸を行ないます


この呼吸法は逆腹式呼吸法と呼ばれるものです


1.数秒かけて鼻から息を吸います。この時、自然に胸が膨らむようにします

2.そして3秒軽く呼吸停止のあと

3.身体を脱力させて、息を吐くと自然と胸は落ち、腹がストンと膨らみます。息は10秒くらいかけて吐ききるのを目安にしてください。吐く息は口からでも鼻からでもかまいません

この呼吸法を2~3回行なったら

(ここからが大切なポイントです)

今度は吸う息に合わせて暗示の言葉で想像されるイメージが自分の体内に入ってくるようにイメージしてください。そして吐く息に合わせてそのイメージが身体の細胞に染み込んでいくようにイメージしてください


慣れないうちは何となく分かりづらいかもしれませんが、、、、(;´∀`)


催眠が成功する重要なポイントに身体感覚に意識が向いているかどうかということがあります。これは私が気功の実験を行なった時に分かった事ですが、暗示が成功する被験者は身体感覚にしっかりと意識が向いていて、イメージをその身体感覚に重ね合わせるのがうまくできていました


吐く息とともに暗示の言葉で浮かぶイメージが身体の細胞に染み込んでいくようにイメージングしてください


よく使われる暗示語を以下に挙げておきますが、暗示語は自分がしっくりくる短めの言葉であれば何でもかまいません

気持ちの面について
「とても気持ちが大らかである」
「とても気持ちが安らいでいる」
「とても気持ちが良い」(←この暗示は催眠中、特にどんなシチュエーションでも用いれば、催眠状態が深まっていくことが知られています。催眠とはもともととてもリラックスした気持ちの良い状態であるからです)
「とても自信に満ちている」
「心がどんどん強くなる」
「体中に力があふれている」
「とても楽しい」
「楽しくて楽しくて笑顔である」
などです

他にも
睡眠につく前に軽い催眠状態を作り、時計をイメージさせて、その時計が自分の起きる時間になった時に「ぱっと目が覚める」という暗示などもあります


「ばりばりと仕事をする自分」というイメージは大分漠然としていますので、その仕事の内容によって暗示語も変えた方が良いかもしれません
まずは簡単な課題として、例えば「朝、出社すると元気に笑顔でお早うございますとあいさつをしている」と暗示をして、それをクリアできると大分「ばりばりと仕事をする自分」というイメージに近づくと思います

このように暗示の言葉は自分がしっくりくるように自分でオーダーメイドで作るのが一番良いかもしれません


あなたの心の中にある言葉があなたの人生を作っていくといっても過言ではありません


あなたらしい言葉で、あなたを変化させる言葉を作ってほしいと思います

その言葉がきっと力になることと信じています(*´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

催眠現象の中でいわれる「観念運動」とは、ある言葉を発したり、頭の中でイメージした事が実際に行動として現れてくることをいいます。

ここで面白いのは意図的ではなく勝手に身体が動いているように感じられる。実際は本人が動かしているのだが、その動かす努力を感じられない。反応の自動性、不随意性があるということです

例えば,有名なもので振り子運動の催眠暗示があります。5円玉に15~20センチほどの糸を結びつけた振り子を使うのが一般的ですが、私は自分のペンダントを用いてやっています。ペンダントヘッドがほどよい重さでしっくりくるからです


親指と人差し指で糸の端を持ち5円玉をぶら下げます。このとき腕の肘は机に付けないでください



そして5円玉を見つめながら、頭の中で5円玉が横に揺れると繰り返してください。声に出してもかまいません。

このとき自分から意図的に動かさないでください。ただ言葉を繰り返したり、頭の中で言葉を唱えながら自然に反応が現れるのを待ちます。

また絶対に動かさないぞという意図的な努力もしてはいけません。そうしたら絶対に動かないですから(;´∀`)

身体にお任せする感じでしばらく暗示を繰り返していてください

この実験では殆どの人が意図的ではなくやがて自然に振り子が揺れるのを経験できます


振り子が横に動いたら今度は縦に動くや、右回りに回るといった別の暗示も試してみてください


できなくても落ち込む必要は全くありません


このように言葉や言葉で浮かぶイメージに身体が反応する事をしっかり味わっていけるようになると催眠状態に入っていきやすくなります
催眠感受性(催眠に対する反応)は訓練すればするほど感覚が高まる事が知られています

ちょうどスポーツ選手がイメージトレーニングを繰り返しているうちに、実際に競技をしているのと同じようにリアルにパフォーマンスを体感できるようになるのに似ています


私に催眠の教授をしてくれた大学院の先生は、この振り子の運動で自分の人生上の課題に対するイエス、ノーを無意識からの答えを得るといって面白がってやっていました(;´∀`)

大事な選択はしっかりと論理的な思考を繰り返して行なうべきだと思いますが、今日のメニューや散歩のコースくらいだったら観念運動を使って身体(無意識?)に問いかけてみてもいいかもしれませんね(*´∀`)






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



催眠療法にはその暗示のやり方によっていろいろな分類ができますが、ひとつの分け方として



他人(カウンセラーや心理療法家)に暗示をかけてもらう他者催眠と


自分で自分に暗示の言葉をかけていく自己催眠の2種類に分類することができます


催眠の手続きに慣れていないうちは他者催眠の方が自己催眠よりはずっと効果が高いようです

もちろん催眠者(暗示をかける方)と被催眠者(暗示をかけられる方)の間にしっかりとしたラポール(信頼関係)ができている事が前提ですが


「手が重くなる」とか「眠くなる」とか「幼い頃の思い出が浮かんで来る」といった暗示の言葉自体にはふだんの語りかけとなんら違いはないのに、それがその言葉のように被催眠者に感じられるのは、身体の脱力や呼吸の安静、身体感覚に対する受動的注意集中(リラックスして自然にそこに意識が向いている状態)といった条件を整える事によって言葉に対する感受性が増している事が要因となっています


だから大人で悲観的な考え方が身に付いてしまっている方に、どんな励ましの言葉をかけても伝わらないのは、それが心の極めて浅い部分にしか届いていないからといえます

その人の心の奥底に「どうせうまくいきっこない」とか「私は絶対不幸になる」とか「誰も私を認めてくれない」といった言葉が横たわっているからなのです


そういった言葉が心の奥底に根付いてしまった原因にはいろいろな要因が考えられると思います

ひとつは幼い子どもの頃の親の養育環境。子どもというのは大人に比べてずっと被暗示性が高いので親の言葉や態度のひとつひとつによって子どもは催眠されているといっても過言ではないと思います

もう一つは養育環境が恵まれていたとしても、社会経験の中で挫折を繰り返す事によって自分で自分の心に「私はダメなんだ」と自己暗示をかけてしまうケースがあります

社会における現実経験というのも非常に強力な影響を及ぼす訳です


小さな愚痴や不満や悲観の言葉が心を埋め尽くしていないか観察してみてほしいと思います


そしてもしそういった言葉が心の中に埋め尽くされているなら、しっかりその事を自覚していてください



ただ自覚するだけでも、全く自覚していないのでは大きな違いがあります


ただ単純に悲観的な言葉が心の中にあるから、他者催眠を使って被暗示性を高めて前向きな言葉を心に吹き込んでいこうというやり方は私はあまりお勧めしていません



過去が辛く苦しい人生だったとしてもそれはその人の大切な人生なんだと思うからです



自己催眠を使うなら例えば難しい暗示ではなくて、ごく簡単な生活上の課題をクリアするのに使ってみる所から始めるのが最初は良いと思います


まずは時間通りに目が覚める暗示とか、明日の予定をばりばりエネルギッシュにこなしている自分を暗示する所から始めて、生活の中で暗示の言葉が活動にパワフルに影響を与えることを実感してほしいと思います


一日一日をしっかり気持ちを込めて充実させていくことでしか本当の意味での自己肯定感とか充実感は得られないはずですから


自己催眠の具体的なやり方はまた次回、まとめて書こうと思います(*´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村







楽しそうにはしゃでいる女の子♪


それを見てなぜかうずうずしているにゃんこ。




この後まさかの衝撃の展開が!!

poor kitty





このにゃんこ............何をしたかったんですかねえ(;´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
最近、忙しさが過ぎて1日1時間以上はかけてやっていたヨガをやる暇がありませんでした


すると身体はどんどん固くなるし、1日の疲れを次の日にまで持ち越したような疲労感まで残るようになりました


やっぱり1日の疲れはその日のうちにしっかり身体をほぐすことで解消するのが大事ですね♪


誰でも一度は身体をロボットみたいに分解して奇麗にお掃除して、生まれた時のような真っ白な状態に戻したいと想像した事があると思うのですが.........私だけですかね(;´∀`)


私に取とってヨガは「身体の分解とお掃除」をしているような感じです


特に人間は普段の日常生活で手脚はよく動かしますが、体幹(胴体)は殆ど動かすことがないので、ドラム缶のように固まってしまっている人もよく見かけます

私のヨガはまず


1背伸び(床に仰向けに寝た状態から背伸びをする)
2腰ひねり(1からそのまま下半身をひねり上半身は反対方向にひねる)
3ももの裏のマッサージとあぐらかいた状態からの上体倒しで股関節周りの筋肉をほぐす)

まずはこの3種類のストレッチで充分に身体をほぐしてから本格的なストレッチを行ないます

忙しくてもこの3種類のストレッチをやるだけでも体幹をほぐす充分な効果があります


ぜひお試しください(*´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


プロフィール

エルダ

Author:エルダ
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

フリーエリア

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © エルダ