FC2ブログ

エルダ・カウンセリングブログ

Entries

Date : 2011年06月

110614_191001.jpg


ブリーフセラピーとは、カウンセリングの達人と言われたミルトン・エリクソン博士の治療実践に啓発をうけて作られた一連の心理療法モデルで、日本では「短期療法」と訳されています。



ブリーフセラピーは、相談者の心の問題の原因や過去の出来事に焦点を当てるよりも、問題が解決している状態はどのような状態か(ゴールの設定)や、そのような状態を創る為にいま何を為すべきか?何が利用できるか?といった、その人が持つ資源に焦点を当てる方法といえます


こういったアプローチは決してその人の過去を軽んじている訳ではありません


意識の焦点を過去や原因に当てすぎる事で、現在での活動がおろそかになったり、

過去の葛藤が解決できないとよりよい未来は訪れないという思い込みを変えていくねらいがあります



そのブリーフセラピーの原則も非常にシンプルですが、意識して生活に取り入れれば非常にパワフルな効果を発揮するものです


それは


1「うまくいっているやり方はそのまま続けよう」

2「うまくいかないやり方は変えていこう」

3「うまくいかなかったなら、うまくいくまでいろいろなことを試してみよう」


といったものです


特に「うまくいかないやり方」に人は固執して何度も同じ失敗をすることが多いように思います



急に何かを全部変えようと無理をする必要はないと思います

でも例え普段は気付かず意識できにくてても私たちの心も身体も一日も一秒も留まる事なく変化を繰り返しています

昨日とは違う何か新しい行動ひとつがあなたの生活を柔らかく変化させていくかもしれませんよ(*´∀`)






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ニューヨーク大学医学部教授ジョン・E・サーノ博士が確立した、「TMS(緊張性筋炎症候群)理論」というまったく新機軸の治療プログラムを紹介した本があります


それが

「サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療」

サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療
(1999/04/20)
ジョン・E. サーノ

商品詳細を見る


です



この本の主張を簡単にまとめると


(1)腰痛は身体に構造的欠陥があるから起こるのではない
(2)抑圧された感情から目を反らすために症状(腰痛、肩こり痛、関節痛)が起こる
(3)症状は脳が毛細血管を収縮させることによる血流不足により引き起こされる
(4)治療は脳が仕掛けるTMS(緊張性筋炎症候群)の働きをしっかり自覚して、症状に意識を向けるのではなく、抑圧されている感情に意識を向けることによって消失、軽減する


です


サーノ博士はフロイト博士の「無意識に抑圧された感情から目を反らすために神経症の症状が引き起こされる」という主張が腰痛などにも当てはまると主張しています


その治療はマッサージや手術などではなく、「知識を得て、意識を症状、痛みに向けない」という認識療法です


全ての腰痛にこの認識療法が当てはまることは無いと思いますが、いつも痛みに囚われ、痛み中心の生活を送っている方には目からウロコの情報の宝庫です


またこれはカウンセリングの仕事をしていて観察されることでもあります


ある患者や相談者の意識が症状にのみ焦点がいってしまい、本来の悩み事であった人間関係の葛藤やストレスから目が反らされるということ


こういった場合に大切な態度が森田療法で主張している「あるがままの自分を認める態度


つまり神経症の症状があってもそれを気にして行動を諦めるというのでなく、その症状を抱えたままで目的となる行動に挑戦するということ

例えば対人不安を抱えた人が「人前でも緊張しないで話ができるようになること」を目指して結局、緊張してしまい自尊心を低下させたり、挫折感に苛まれるのではなく
緊張して真っ青になって心臓がドキドキしている自分を認めて受け入れて、そのあるがままの自分で行動に挑戦して、例えうまくいかず不格好なありさまであってもトライしたことを良しとする態度です


サーノ博士は腰痛患者に腰痛を気にせずどんどん運動しなさいと主張します

そして運動をして痛みが出て来たとしても、その痛みに意識を向けないようにとアドバイスします

脳が本来の原因である抑圧された感情から目を反らす為に作り出した症状(トリック)に意識を向けないことが治療の第一歩だと


全ての症状にこの理論が当てはまる訳ではありませんが、こういった側面を持つ症状が数多く存在することは知っておいて損は無いと思います


自分の人生をコントロールしているのは症状ではなく自分!ですよね(´∀`)





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
昨日、っていうか正確には今日の3時くらいに何故だか目が覚めてしまいました


それでネットのニュースを見てみると沖縄では今まさに月蝕が始まっているとの事。


明日の仕事もあるからなあ。。。と、思ったけど、せっかくなので近くの海まで月蝕を見に行くことにしました(笑


海に到着すると正に月蝕が完成する瞬間でした


iPHONEで写真を撮ったけどあまり綺麗には撮れませんでした
写真

肉眼ではオレンジ色になった月がはっきり大きく見えました♪
写真

しばらく月を眺めていろいろな考え事をしていました



わずかな時間だけどいろいろ深く考えることができて気持ちのいい時間でした


せっかくなので朝食を摂って帰ろうと近所にある吉野家さんへ


店内に入るとなんか変な雰囲気


カウンター越しにいる大阪弁の男が店員さんに向かって威丈高に怒鳴っています

明らかに酔っぱらっていますが、相当ひどい罵声を浴びせています

「こら、われ、ご飯並み盛りってきちんとグラム数測っとるんか!!この、デブ!!」


「ちゃんと測って入れ直せ!!」

「つゆだくだぞ!!こら!!」


「ありがとうございましたはないんかこら!!!」


言い返す事もできずぺこぺこすることしかできない店員さんに暴言の限りを尽くしてます


隣のカウンターにいたけどあまりむかついたからぶん殴ってやろうかと思ったけど←おい



(殴らないけどね)


しばらくして男が出ていったので青い顔している店員さんに

「あんなの気にしちゃダメだよ!ただの酔っ払いなんだから!あんな態度は人として最低だからお兄さんは何も気にしちゃダメだよ!」って思わず声をかけました


そしたらすでに警察官を呼んであったらしくパトカーがやってきてものものしい雰囲気に(;゚Д゚)


私も沖縄吉野屋限定タコライスを食べて早々と帰宅しました(笑


こんな綺麗な星とか月とかに囲まれている地球で、人間がやってることは本当にせせこましい争い事ばかりだなと感じましたよ

至る所に色んな形の暴力が存在してます



戦争の歴史をひもとけば人間は滅ぶべき愚かな存在なのかと思うときもあります

でも同時に非暴力を貫いて平和の為とか命を救う為に地道な活動を粘り強く続けている人とか

素晴らしい人の心を震わせる芸術を創り出す人とか

ドキドキするような未来を切り開く発明も


同じ人間から生み出されたもの


暴力に怯えて不安とか恐怖に人の心は捕われてしまうけど、それを克服する力が人間にはきっとあると確信しています


荒木飛呂彦先生の「ジョジョの奇妙な冒険」での一節


ゾンビ化した切り裂きジャックを撃退するジョジョの師匠ツェペリ男爵のセリフ


「ジョジョ、ノミっているよなあ………ちっぽけな虫けらのノミじゃよ!
あの虫は我々、巨大で頭のいい人間にところかまわず攻撃を仕掛けて戦いを挑んでくるなあ!
巨大な敵に立ち向かうノミ………………これは『勇気』と呼べるだろうかねェ
ノミどものは『勇気』と呼べんなあ

それではジョジョ!『勇気』とはいったい何か!?

『勇気』とは『怖さ』を知ることッ!『恐怖』を我が物とすることじゃあッ!

呼吸を乱すのは『恐怖』! 
だが『恐怖』を支配した時!
呼吸は規則正しくみだれないッ!

波紋法の呼吸は勇気の産物!!

人間賛歌は『勇気』の賛歌ッ!!

人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!

いくら強くてもこいつらゾンビは『勇気』を知らん!

 ノミと同類よォーッ!


仙 道 波 蹴 ー ッ (せんどうウェーブキック)!!」

20101019211954.jpg

カッコ良すぎる。・゚・(ノ∀`)・゚・。


大分、話が脱線しましたが(;´Д`)


いま人生の不安とか恐怖を知っている人こそ、本当の勇気を手に入れる事のできる人だと思います


逆境に負けないでほしい



人間賛歌は『勇気』の賛歌ッ!!

人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

写真

海を見ながら深呼吸すると気持ちがいいです


もちろん海が見えなくても深呼吸は身体と心にいいものです


吸う息に合わせて背骨がポキポキと伸ばされていくのを感じてみましょう
(イメージでエネルギーが背骨の中を通って尾てい骨のあたりから頭のてっぺんまで昇っていくと想像しましょう)

軽く息を3秒ほど止めたら


一気に脱力して息を吐ききってしまいましょう
(横隔膜がストンと落ちて、頭のてっぺんにあったエネルギーがお腹のおへその下の丹田に落ちて、はじけてエネルギーが全身にじわーっと広がっていくと想像しましょう)

お腹が膨らんで温かくなります


どんな大都会の喧噪の中にいても少しだけ自分のスペースを作って深呼吸するだけで、身体にエネルギーが注ぎ込まれて元気を取り戻す事ができます




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
110609_161922.jpg

今日、沖縄梅雨明け宣言です!


全国に先駆けて夏到来です。本日もご覧の晴天でした♪


皆さんは夏の予定はもう決まってるんでしょうか?


スケジュール帳を「やるべき課題」と同じくらい「楽しい予定」でも埋めてしまいましょう~



「楽しい予定があるから今がんばれる!!」っていう人けっこう多いですよね


人生はバランス、仕事だけに偏っても遊びだけに偏っても面白く無い


できるなら仕事が遊び!って言えるくらいの境地を目指したいですね(*´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

capsule.jpg
WORLD OF FANTASY

中田ヤスタカとこしじまとしこのユニット「capsule」の新曲「WORLD OF FANTASY」のPVがかなりいい感じ♪


く~~~っっっ( ゚∀゚)

首都高をナイトクルーズしたいっっ(笑




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村


イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱した経済の法則でパレートの法則と呼ばれているものがあります


あるお店の商品全部のうち20%の物の売り上げが、そのお店の全体の売り上げのうちの80%を占める



とか、他にも


売上の80%は全顧客の20%が生み出している

売上の80%は、全従業員のうちの20%で生み出している

故障の80%は、全部品のうち20%に原因がある

所得税の80%は、課税対象者の20%が担っている


などなど


このパレートの法則は何事にもばらつきがあることを提唱しているものですが、経済だけでなくいろいろな社会現象や自然現象を説明するときにも例えとして用いられることがあります



例えば


ある人の一日の活動のうち本当に目的達成のために動いているのは20%の時間である


というように....


これはある意味当たっている部分もあると思います


自分の一日の活動を振り返ってみると本当に目的達成の為に動いている実働時間が少ないことに驚く場合もあります

逆に


このパーセンテージを上げていくと、生活の質が劇的に変わっていきます


一日の充実度が上がってきます


受験生に例えるととてもわかりやすいと思います


一日の勉強時間、集中して取り組んでいるのが2時間しか無い人が、8時間集中して徹底的にやるようになれば成果は天と地ほども変わってきます


しかし大抵の人はへとへとに疲れます(;´Д`)笑


だるい~ってなります


そして

面倒くさい、あ~きらめたヽ(´Д`;)ノ


ってなります(笑


この20%の割合でエネルギーを注ぐというやり方は人にとって一番ベストなエネルギー配分かもしれません

しかしそれでは現状維持しかできません


いま人生が低空飛行で苦しい苦境にあるなら、そこを突破して一段階上の心と生活状態を手に入れる為には
現状を打破する為の目的に合った行動に時間とエネルギーを注がないといけません


一日が終わって眠りにつくとき身体は疲れているけど心は満たされている........っていうようにしていきたいですね(´∀`)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村


プロフィール

エルダ

Author:エルダ
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

フリーエリア

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © エルダ