FC2ブログ

エルダ・カウンセリングブログ

Entries

臨床心理士によるカウンセリングとヨガの情報

  • <<  沖縄のペンギンさん
  • >>  貝がらブラッコ

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジリアンス~こころの強さ

  • 2011.10
  • 16

Edit238

111011_180802.jpg

先日、カウンセリングの研修会で講師をされていた大先輩の臨床心理士のN先生からレジリアンスについてのお話がありました

レジリアンス(resilience)とは「精神的回復力」とか「危機耐性能力」とかに訳される力で



困難な状況にもかかわらずうまく適応できる力



と言えます



元々はPTSD研究の中で、同じような驚異的な出来事(死に瀕するような事故や事件、虐待的な環境)に晒されたとしても、うまく環境に適応して心の健康を回復する者もいれば、PTSDを発症して危機に陥るものもいる



その違いは何かということから出て来た概念です



レジリアンスにはいろんな要素があって本人の資質(遺伝的資質や性格傾向、行動の選択傾向)サポートの有無、など様々な要素が考えられます


積極的にレジリアンスを高めるにはどうすればいいんですかねえ( ゚Д゚)





私の個人的な考え。。。「レジリアンスになるには?」と真剣に本気で考え始めたときから人はレジリアンスな要素に近づいていくんじゃないでしょうか?

なので、


どんな時に私はレジリアントであったか?とか


逆にどんなときは脆弱であったか?


それを防ぐには?

いろんな視点で自分のレジリアンスについて考えてみることはいいことだと思います


他人のレジリアンスについてもね☆


CD-RISCというレジリアントな人々の特徴をまとめた尺度があります

参考になることがあるかも( )内は私の感想(笑


1変化に適応できる(大切だよね~)

2親密で安心できる関係(これ重要!でも人間関に依存してしまうのはNGでは?)

3時折、運命や神が助けになる(持ってる!) 

4来る者は何にでも対応する(仕事できる人はこうだよね!)

5過去の成功が新たな挑戦の自信を与える(たった一度の勝利がネコを獅子に変える!by範馬勇次郎)

6物事のユーモアのある側面をみる(お笑い芸人の精神。なんくるないさ~。take it easy。)

7ストレス対処を強化する(常に自分の心を観察してストレスサインを見逃さない)

8病気や困難からすぐに立ち上がる傾向(一度ネガティブスパイラル入ると癖になっちゃうのよね)

9物事は理由があって起きる(辛いのは辛くなる原因があるってことですか?幸せの原因を作るには?)

10どんなことがあっても最大限の努力をする(N先生はうつのひとも似た傾向あるから一概にはとおっしゃてた)

11自分の目的を達成することができる(達成できないから辛いの(;´Д`)笑)

12絶望的な状況でも諦めない(諦めたらそこで試合終了ですよ。by安西監督)

13どの時点で助けを求めるべきか知っている(自分を助けてくれる人がどのくらいいる?自分は彼らの助けになれている?)

14行き詰まった中でも集中し明確に考える(思考停止しない!!)

15率先して問題解決をする方を選ぶ(問題解決型コーピングの重要性、先送りしない!)

16失敗してもあまりがっかりしない(むしろなぜ失敗したかの分析を!)

17自分を強い人だと考える(いけるんちゃう笑)

18嫌われるあるいは困難な決定ができる(事なかれ主義ではない)

19不快な感情を処理できる(感情にまきこまれない。あくまで目的意思の方に強く同一化している。)

20直感で行動しなければならない(6センス。磨いてますか?)

21強い目的意識(夢を達成した自分がイメージできてますか~?)

22生活のコントロールができている(日常生活のコントロールがでるのがまず土台だよね。炊事、洗濯、掃除、日常生活のこまごまとしたことの処理を楽しみながらできるように)

23挑戦する事が好きである(挑戦とはドキドキする目標にアタックすること。)

24自分の目的を達成するために働く(誰かにやらされてるという意識じゃ疲れがたまるだけ)

25自己の業績における誇り(誰かの役に立てる事が自分の自己肯定感につながる)


何かレジリアントな人になれる気がしてきたぞ(*´∀`)笑





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村











スポンサーサイト

Comment

top

クロイミサ

subjectこころの強さ

エルダさん、
私は自分ではわりと自分は強い方だと思っていたのですが、
この前のクリニック受診の時に、
いい歳をして恥ずかしいが苦手な物がある事を
主治医に話したところ、PTSDではないですが、
「ショックから苦手になった」のでは、
という主治医からの感想をもらいました。
以外にも脆いところがあったと発見。

この尺度、自分を客観視するのにとてもいいですね。
改めるべき点とかを見付けやすいです。

エルダ

subject

クロイミサさん、コメントありがとうございます☆

苦手な者があっていいと思いますよ~(´∀`)

私は小さい頃、犬に噛まれたので今でも子犬でさえ近づく時は用心してますね(笑
これもPTSDかも(;´∀`)


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://aquariuselder.blog105.fc2.com/tb.php/238-bb771b67
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  沖縄のペンギンさん
  • >>  貝がらブラッコ

プロフィール

エルダ

Author:エルダ
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

フリーエリア

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © エルダ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。